« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月26日 (月)

多数激戦の歴史的戦い 共産党3名全員当選!

16539 1週間の、厳しい多数激戦の選挙を戦い終えました。今回の選挙は大混戦で誰が落ちてもおかしく無い選挙!最後まで、頑張りぬいた候補の勝利になります。

16553

長尾候補も最後の最後まで声をからし、死力を尽くしての訴え。24日、午後7時50分、ご近所や事務所の方にお礼を述べ、電話かけをしました。 

16566


何としても3名の議員  必勝を!と投票日は棄権防止の電話かけ。とことん、頑張った結果、三田市議会の選挙結果は、共産党の3名の候補、全員当選 ❗ばんざーい ❗長尾あきのり1681、長谷川よしき1472、国永のり子1291でした。

これで、私の責任も果たせ、ほっとしています。(ちなみに、長男さとしも1968票で当選。)ご支援に心より感謝です。

 

2016年9月25日 (日)

共産党3名の候補必勝のために、国会議員2名来三!

16465_2 22日は、午前10時半のエルムプラザ前での宣伝から合流。堀内照文衆議院議員も応援に駆けつけて応援演説。買い物客も立ち止まって聞き入ります。

16496_2

「高齢者福祉の予算が削られ、高齢者のバス助成の補助金も2000円減額に。高齢者のお出かけ支援は、医療予防、医療介護にもつながるのに・・・共産党に期待したい!」「新三田駅エスカレーター設置は是非実現して欲しい!」と品のいい老婦人。

16503

共産党への期待に元気をいただく。

午後からはフラワータウンで街頭演説、夜はすずかけ台小学校で個人演説会。

大門みきし参議院議員も応援に駆け付け、元気のでるお話 ❗

16504

長尾候補の訴えもピカイチでした。私は長尾候補の紹介と司会に力が入りました。

中田はつ美の後継・長尾あきのりをよろしく!

16438 午前6時半より、ウッデイタウンの中央公園前でスタンディング。後援会の方々と長尾あきのり候補の応援にかけつけています。

16508

午後はフラワータウンで、長尾議員候補と街頭宣伝。「中田はつ美の後継・長尾明憲をよろしくお願いします!」とマイクを持ちました。

あいにくの天気が続いていますが、長尾候補の訴えは冴えています。

2016年9月19日 (月)

いよいよ市議選が始まりました!

16399 18日、いよいよ市議選の告示。一週間の戦いの火ぶたが切って落とされました!

22名の定数に32名の立候補。多数激戦の厳しい選挙になりました。

16409

 長尾あきのり市会議員候補の出発式に参加。私は、今期で引退することになりました。一週間の選挙戦、長尾あきのり候補の勝利にむけて全力で頑張ります。

16397


堀内照文衆議院議員も、長尾あきのり候補の応援にかけつけ、出陣式、イオン前で応援演説。3人の議員団、何としても押し上げていただきたい!と、力が入っています。

16402

19日は、長尾候補の応援で、フラワータウンを走り回りました。演説にほれぼれ!!マンション群の中を桃太郎で歩きました。マンションから手をふってくださる方や子どもたちの声援に元気を頂きました ❗

16267

 

2016年9月18日 (日)

弥生小ランチルーム竣工セレモニー&狭間中学校体育大会に参加して

16285 15日は、弥生小学校のランチルーム竣工セレモニーに参加。「児童がランチルームで楽しく給食を食べ、異学年の児童や地域住民などとの交流給食を行う」というもので、余裕教室と廊下の一部を改修してゆとりあるランチルームに整備されていました。

16295

LED照明や木製ルーバーが和やかな雰囲気を雰囲気を作りだしていました。

16301


6年生と一緒に楽しいランチの一時を過ごさせていただきました。ごちそうさまでした!

16287

16346


17日、狭間中学校の体育大会。入場行進のきびきびした態度や、校歌斉唱の大きな声にビックリ&感動してしまいました。思わず、どんな指導をさているのだろうと・・・

16363

準備、片付け担当の生徒たちのきびきびした動作に、「これはほんまもんの指導や!」とも。

演技する子どもたちの顔が真剣で、輝いていたのが印象的でした。気持ちの良い体育大会でした!

2016年9月14日 (水)

長尾議員とのイオン前宣伝&大門みきし参議院議員の応援

長尾あきのり議員とイオン前で街頭宣伝。沢山の方が、チラシをとって下さり「頑張って ❗」の声援 ♥元気を頂きました。 

大門みきし参議院議員を迎えての街頭演説会。フラワータウン駅前・西山ストア前で。

16208


長尾あきのり議員を議会に押し上げるため、全力で頑張ります...

16336

任期最後の定例本会議で送別セレモニー・・・みなさま、ありがとうございました!

Ssimg_7817

13日、任期最後の定例本会議が開かれ、、閉会後、私と坂本議員の送別セレモニーが議場で開催され、同僚市議や市幹部から長年の議員生活を労っていただいた。

Ssimg_7867

とても恐縮し、議長から花束を頂いた後、次のような挨拶をさせていただいた。

「みなさま、このような機会をいただき、本当にありがとうございました。

振り返れば、20年前の43歳の時、思いもよらぬ千田豊議員の後継指名で、議員にチャレンジ、初当選となりました。

議会でのイロハもわからなかった私を、多くの市民の皆さん、先輩議員や同僚の皆さんに支えていただいたからこそ、今の自分があると感謝しております。

多少型破りの私でしたので、「こんなやり方でいいのだろうか?」よく悩みました。そんな私を「中田さんらしく元気に頑張ったらいい!」とみなさんが励ましてくださり、そのおかげで、今日まで、「どんな小さな市民の声にでも耳を傾けられる議員でありたい」「誰もが、住んでよかったと思える三田市にしたい!」と頑張り続けることができました。

Ssimg_7901

この間特に印象に残っていることと言えば、一期目、「議会にもかけず密約で買い取ろうとした5億円の三田プラント跡地の問題で塔下市長と丁々発止やりあったこと、そして、キッピーモールの建設で地域振興株式会社がらみの税金の不正使用やずさんな契約などの問題追及で「百条委員会」の副委員長として任に当たらせていただいたことです。

この流れの中で「しがらみ横行の三田市政を変えてほしい!」と、市民の方々に市長選挙にご推挙いただき、立候補もさせていただきました。

もちろん当選には至りませんでしたが、この市長選挙が、その後の「緊張感を持った市政」「市民の声をないがしろにできない市政」につながったのだと実感もしてきました。

Ssimg_6816

私は常々、議会は2元代表制の一翼で、市長と車の両輪。適当な距離間を置いての市民の声の代弁者であり、市民目線での厳しいチエック役、これに加えて、政策立案・条例提案をすることが役割と考えてきました。

そして、議会に返り咲いた後も、子育て支援策や教育、福祉の分野など中心に積極的提案もさせていただきました。

微力ながら全力投球の議員生活でしたが、今後、議員を辞した後は、高齢者の居場所づくりや子ども食堂など、地域ボランテイアに頑張り、地域に恩返しをしたいと考えております。

最後に、理事の皆さまには、「本当に住んで良かった!住み続けたい!」と思えるようなまちづくりにさらにご尽力下さい!議員の皆さまには、1つだけお願いしたいことがあります。皆さまそろって当選していただき、新しい議会で、今途中になっております政策研究会で素案作りの「(仮称)ふるさと産業振興条例」の条例化をなんとしても現実のものにしていただきたいのです。

このことを心からお願いし私の最後のご挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました!」

2016年9月11日 (日)

武庫が丘コミセンの竣工式典

16218 11日、午前10時より武庫が丘コミセンの竣工式典があり、参加。

この「武庫が丘コミセン」建替え移管については、住民の中で議論が二分されましたが、昨年の8月の報告会などを経て「建て替え」が進められ、今日の竣工となりました。

今日の式は、住民の皆さんも沢山参加され、ステージも、バザーも、展示も手作り。住民が主人公のあったかい竣工式となりました。関係者の皆さま、諸準備ごくろうさまでした。心より感謝です。16247

建て替えでは前コミセンのような調理室がない!とのことだったので、「高齢者一人住まいの方のお弁当を作る”れんげそうの会”さんの活動が保障され、毎土曜日行われていた”武庫カフェ”などが継続できるような部屋を!」と当局に求めてきました。

16251


 前の調理室ほどの広さはありませんが、明るい雰囲気の中で「ふれあいサロン」や「武庫カフェ」などできそう・・・まあまあ満足。

住民の役に立つ施設にしていく!今後の課題です。

2016年9月 7日 (水)

18年7ヵ月の議員生活最後の質問が終わりました

Dsc_8792

6日、平成27年度決算委員会の総括質疑。

全課長級以上の幹部職員を前にしての18年7ヵ月の議員生活最後の質問が終わりました。

1.シティセールスと三田青磁について 2、技能功労者表彰の創設 3、精神障害者への交通費助成 4.原動機付き自転車のナンバープレートの選択制について。 前向き答弁も頂きましたが、感慨深い心境です。

質問内容はsoukatusitugi.docxをダウンロード

「欽古堂亀祐の土型展」

Dsc_8743

4日、消防大会の後、陶芸館で開催されている「欽古堂所蔵の土型展」を見学に。「欽古堂亀祐」初代から8代までの見事な作品が165点、展示されていました。
「三田焼き保存会」の方にお話を聞くと、備前市の備前焼きミュージアムの館長さんが「土型の彫刻としては、超一級品。100点を越す作品がまとめてあるのは、全国でもない」と絶賛されたとか。欽古堂亀祐の土型で三田青磁を量産し、三田青磁ここにありと全国に宣伝できたら素敵ですね。

Dsc_8760


その後、三田青磁焼きの窯跡、三輪明神窯に移動。

Dsc_8778

子供や高齢者が作った素敵な作品や土型で作った小皿や小物を拝見し、地元小学校などの素敵な取り組みのお話もお聞きしました。
以前、プレゼント用に購入した亀のマグネットや小物がとても好評でした。型があるので、人手があれば量産できるとのこと。ひきこもり支援の福祉的就労の作業や、障がい者の作業所への仕事発注として考えられないか?明後日の質問に活かします。