« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

2016年7月22日 (金)

三田でイノベーション!金子教授の講演に圧倒される

Dsc_7804

関学金子教授の講演。

三田でイノベーションを!壮大な構想だが、三田にはお住まいの有能な人材のお力を(技術、知識をお持ちの方の)得れば、可能性が見えてくるかも。

Dsc_7818_2

第2の鶴岡市!高齢者の技術・知識活かせ、高齢者の輝くまち!を目指していけたらいいなあ♥と夢を描けた資料と講演だった。

Dsc_7825

金子教授のお話にはいつも圧倒される(笑)

Dsc_7814

2016年7月17日 (日)

「ホットステーション15周年・宙をみあげて20周年 感謝会」&革新懇学習会

Dsc_7781

「ホットステーション15周年・宙をみあげて20周年 感謝会」に参加。

メンバーによる歌や作文発表に感銘。 スライドをみながらの村井代表の思い出語りを聞きながら9年前からのホットさんの活動に思いを馳せ、ここまでのご尽力ご努力に感謝しかありません。 第二部は、筋ジス・多々良誠さんのコンサートでノリノリに、いつも多々良さんには元気をいただく。

Dsc_7786

2部の途中で失礼し、革新懇の学習会に。在沖米軍についての学習会。知らないことばかり・・・現地の人たちの怒りを共有できた学習会でした。

Dsc_7784

2016年7月10日 (日)

ほめて伸ばす教育

Dsc_7383

NHKの「あさイチ」でほめて伸ばす教育「ABA」が数日前、取り上げられていた。

三田市でも療育法として「ABA」を実践しているところがある。すずかけ台の田場小児科に併設されている「ぞうさんの足音」だ  特に就学前の発達障がいのお子さんに効果のあることが、 多くの研究で証明されているとのことで、一昨年、お話を初めて伺ったときは衝撃だった。重度の子供さんが言葉を発する過程での感激のドラマ。

いいことはほめて、よくないことはほめない。当たり前のように思えるかもしれない。 しかしそれは簡単ではないとのこと。 ほめ方、ごほうびの内容、タイミング。すべてにおいて細やかな気くばりと工夫、 何度もくりかえしほめる地道さが求められるとのこと。納得のお話だった。

7月5日に行われた「子育て広場」での講演も基本は同じ。健常児、発達障害児関係なく、いいことはほめて、良くないことはほめない。大人が子どもときちんと向き合って対応すれば、もっと救われる子どもたちがいるのかな・・・

2016年7月 8日 (金)

ロングラン宣伝

00030001

フラワー後援会のストア前、ロングラン宣伝(10時から12時)。 「9条守れ、平和守れの願いのご一票は、日本共産党、選挙区では金田峰生に託してください!」「アベノミクスは、富裕層の資産を2倍に市、貯蓄ゼロの庶民を増やしただけ!格差を正してほしいの願いのご一票は日本共産党、選挙区では金田峰生よろしくお願いします!」と法定ビラを渡しながらの宣伝。

Dsc_7600

まだまだ決めてない方が多い。日本の立憲主義・民主主義を壊す安倍暴走政治ストップさせるために最後の最後まで頑張ります!

2016年7月 4日 (月)

大丸前での街頭演説会!「安保法制廃案!立憲主義取り戻すために野党と市民が共闘!」

Dsc_7600

元町大丸前での共産党演説会に歩道いっぱいの聴衆(5000人ぐらい集まっているとか)。

宣伝カーの上から、19歳の学生さん、若いママさん、金田みねお選挙区候補、大門みきし比例候補の訴えに続き、志位和夫委員長のお話が。

Dsc_7599

戦争への道でなく平和な日本を続けるために共産党へ暮らし守る政治に変えるために、税金の集め方、使い方、働き方チェンジしていきましょうと力強い政策提起。

Dsc_7585_2

政治を変えるチャンスがやって来た安保法制の廃止、政治を変える為に、野党を勝たせてほしいそして野党と市民の共闘を進めるためにも日本共産党を躍進させてほしいそれが一番の近道ではないでしょうかと力強い訴えに、聴衆から大きな拍手で街頭演説会終了。

Dsc_7579_2

終了後も「金田さーん」、「志位さーん」と黄色い声のコールが続く。三田の演説会と違って若い人も多い。元気をいただく。それにしても、19歳の学生さんの話はメチャクチャしっかりして感動だった。日本の未来も明るい?!

右の写真は、演説会前(4時頃)に遅い昼食で食べた”えびす”のお寿司680円。人気店ですが、この時間帯は待たずに入れました!

2016年7月 2日 (土)

立憲主義・民主主義を取り戻すために、野党共闘の展望を語っています。

Dsc_7576

暑い!午後1時から5時まで、参議院選挙比例車で長尾議員と街頭宣伝。 手をふったり、声をかけていただいたり、元気を頂きました。

声がれで、医者に声を出すことを止められていますが、黙っておれず、マイクを取って訴えをさせていただいています。

だって、「安保法制廃止に、立憲主義を取り戻すために野党は共闘!」「民主主義を取り戻そう!」と頑張る市民の皆さんの訴えに、声がれぐらいなんだ!もっと頑張れ!と奮い立たされています。「教え子を再び戦場に送らない!」この誓いが危うくなっています・・・

Dsc_7572

長尾議員の演説の後、私からも”今回の参議院選挙の特徴の1つは、全ての一人区で野党共闘が実現したこと。「戦争法は廃止。立憲主義・民主主義を取り戻そう!」と多くの市民が声を上げ、市民運動が広がり、その中で野党共闘へとつながったのです。その野党共闘も、戦争法廃止から子育て・雇用へと共通政策が豊かに広がっています。「原発に依存しない社会の実現」や「TPP合意反対」。「非正規雇用改善、ブラック企業・バイトの根絶」「高校完全無償化、給付制奨学金の創設」「介護・福祉職員、保育士の給与引き上げ。」などなど。野党が勝てば、未来に展望の持てる、新しい政治の扉が開きます。どうか、みなさん日本共産党を勝たせていただき、ご一緒に新しい政治の扉を開きましょう!”と訴えさせていただいています。投票箱の蓋がしまるまで頑張ります

2016年7月 1日 (金)

午後は、メガホン宣伝。

Dsc_7556

1日午後は、久しぶりに「のぞみ」さんでランチ(ハーブ寒天やハーブテイも)を頂き、訪問活動。

午後5時からは西山ストア前でメガホン宣伝。

00030001_2

「安倍暴走政治ストップ憲法9条平和守る新しい政治にチェンジ格差是正への転換をブラック企業なくし、人間らしく働けるルールを社会保障、若者、子育て優先の政治に」等訴えると、道行く人が「若者を戦場に送らないように憲法9条守ってほしい」「母子家庭や障害者など弱者に光のあたる政治にして下さい。応援してます」と声をかけていただいた。

Dsc_7445

お手製のプラカードも中々好評です。

庶民の暮らしと平和守るための政治の近道は日本共産党を伸ばすことだと考えますが皆さんはいかがでしょうか?!

とにかく選挙に行きましょう!

三田市政施行48周年記念式典

Dsc_7517

三田市政施行48周年記念式典。オープニングは関学・総合政策学部在籍の双子兄弟デュオ”25(FUTAGO)”のデュオ演奏。オリジナル曲「Praise U」など3曲を披露。

市政紹介ビデオ、市長式辞や議長挨拶の後、三田市のまちづくりや地域社会づくりのために貢献された方々へ“さつき賞”“スポーツ賞”の贈呈式が行われた。

Dsc_7555

三田市さつき賞の「自治功労」では、森義広、塚本行雄氏、「社会福祉功労」では、小谷規子、藤野榮作氏、「産業功労」では、日向敬一、吉田英男氏、「文化功労」では、中後茂、高山清氏、「スポーツ功労」では橋元泰雄氏の計9人が受賞され、スポーツで活躍された、猪熊勇之介、山名里奈、菖池竜輝さんの3名が三田市スポーツ賞を受賞された。

Dsc_7549

今回の受賞された半数以上の方々の日ごろからのご尽力・ご苦労を知るだけに、心からの感謝と、今回の受賞を心から喜びたい。本当におめでとうございます。今後のご活躍や後任指導も期待しています。