2016年11月25日 (金)

沢井製薬三田工場を見学して・・

18574


地域のサロン・武庫4サロンでテクノパークにある高橋英樹さんCMでお馴染みの「沢井製薬」の工場見学に。
患者さんのお薬代負担を軽くし、国の医療費節減にも貢献する「ジェネリック医薬品」。

18586

このお薬を一人でも多くの方々に知っていただくために、高品質な医薬品を生み出す沢井製薬の姿を知っていただきたいと公開しているといわれるだけあって、最新設備、徹底した衛生管理など見事な環境!

18628


見学された皆さんも感心され、沢山の質問も。

担当者の方(沖本さん?)がとても親切・丁寧に答えてくださり、「よくわかった!」と好評!

そして、テキパキと最初の説明をし、案内をして下さった素敵な女性がなんと、私の教え子・恵美子さんという偶然も・・・。教え子の成長した姿にあえるのは教師冥利に尽きます。

18631

案内してくださった沖本さん、前川さんはじめ、工場の皆さまありがとうございました。

議員時代「先発医薬品に比べ、品質も劣らないジェネリック医薬品をもっと普及し、結果として医療費(薬品費)の節減をすべきでは?!」と何度か質問していたことを思い出しました。

当初は(10年前)、「品質の問題が・・」と歯切れの悪かった答弁も徐々に変わって、今では、国の推奨もあり、とても前向きな取り組みになっています。

18632


私の主張していたことは間違っていなかった!と、沢井さんの薬品製造システムを拝見し、内心誇らしくなりました。

私もジェネリック医薬品の愛用者ですが、益々の愛用者になります。

2016年11月17日 (木)

沖縄戦跡をめぐり平和を祈る・・・

Dsc_0114

17日は沖縄戦跡巡り。知人に”沖縄に行くんだったら「佐喜眞美術館の丸木位里・丸木俊さんの沖縄戦の図」を鑑賞したらいいよ!”と勧められ佐喜眞美術館に。沖縄の地で体験者の証言を聞き、モデルになってもらい、14部の連作を描き続けたという「沖縄戦の図」は、あまりにも強烈だった。

Dsc_0028

「はずかしめを受けぬ前に死ね  手りゅう弾を下さい  鎌で鍬でカミソリでやれ  親は子を夫は妻を  若者は年寄りを  エメラルドの海は紅に  集団自決とは  手を下さない虐殺である」

Dsc_0117

その後、「ひめゆり平和記念資料館」に移動し、じっくり見学。前に訪れた時よりも時間をかけて見学。修学旅行の生徒さんたちが熱心に手記や資料を読み込む姿に、戦争を風化させないために、戦争を語り継ぐことやこのような資料館の存在の大切さをあらためて、感じた。

Dsc_0235

最後は、「沖縄県平和記念資料館・平和の礎」を訪れました。第二次世界大戦末期、沖縄は、住民を巻き込んだ厳しい地上戦の舞台となり、20万人を超える犠牲者がでた。

Dsc_0257

うち民間人は、94000人に上ると言われる激戦地となった沖縄本島南端部に、そんな戦跡を保存し、亡くなった方々の御霊を鎮魂すると共に世界の恒久平和を記念する公園が設けられている。

Dsc_0259


世界各地で戦争の火種がくすぶり続け、沖縄の基地問題もクローズアップされる今、あらためて平和に考えたいと訪れた。

Dsc_0247

 

 

 

琉球時代の豪農住居、山城・中城を訪ねて・・・

Dsc_0138

17日、宜野湾市役所から、普天間基地を眺望し、琉球王朝時代の豪農・中村家(庄屋)住宅を見学。

Dsc_0150

中村家住宅は、戦前の沖縄の住居建築の特色の全てを備えている建物とか。

沖縄本島内で、このように屋敷構えがそっくり残っている例は極めて珍しく、当時の上層農家の生活を知る上でも貴重な遺構であるということで、S47年に国指定重要文化財に指定されたとのこと。

Dsc_0172

理にかなった部屋づくり、調度品、しつらえも超一級品でした。見ごたえのある住居でした。

Dsc_0158

Dsc_0181

続いて、世界遺産・中城城跡に向かいました。とにかく暑い !

Dsc_0189

半袖衣服を急きょ買い込み、陰を求めて歩きました。

Dsc_0203

300余あるとされる沖縄のグスクの中で最も遺構が良く残っているとのこと。石垣の上に立つと西に東シナ海、東に太平洋を望み、素晴らしい眺望 ❗

Dsc_0194

城は連郭式の山城で、6つの郭で構成され、城壁は主に琉球石灰岩の切り石で積まれ、自然の岩石と地形的条件を活かした美しい曲線で構成されています。

Dsc_0215

その築城技術の高さは芸術的と言われ、歴史的にも高い評価を受けているとのこと。

Dsc_0209

石垣をわたる風は、古琉球の世界へと誘ってくれた心地よいひと時でした。

2016年11月16日 (水)

高江ヘリパッド建設反対座り込み

Dsc_0063

沖縄県庁から、「島ぐるみ会議」のバスに乗って「高江」のヘリパット建設用地ゲート前に。

Dsc_0005


バスは9時に出発。44人中、10人が北海道、東京駅、埼玉、大坂、そして私たち兵庫から。12時過ぎにゲート前に着きました。

Dsc_0103

すでに現地の方々沢山座り込んでおられ、200人近くになりました。朝の5時過ぎから来ておられる方も・・・。
午後3時頃までの座り込みになります。

Dsc_0102

集会が始まり、初めての参加者や他府県から来られている方々から一言発言。私も「辺野古の海を守ろう❗自然豊かな高江の森を守ろう ❗は、地元住民の皆さんの当たり前の願い。どの選挙でも、住民の皆さんの声が勝ちました ❗住民の皆さんの声無視の安倍政権の退陣、高江のヘリパット建設反対共に頑張りましょう ❗」と発言。

Dsc_0110

集会では、素敵な歌も披露され、みんなで口ずさみました。若者の参加も心強いです。

座り込んだNワンゲート前でしたが、沢山の座り込みで、このゲートからはダンプカーは一台も入らせませんでした。(残念ながら翌日は座り込みも少なくダンプカーが沢山入ったとか・・・)

Dsc_0093

午後3時過ぎ、バスに乗り込み、帰路に。
立ち寄った道の駅で、あまりに美味しそうだったので、パイナップルや地元果物等買い込みました。

Dsc_0038

今日は、逮捕者が出ませんでしたが、まだ、6人が拘束されたままとか。機動隊の車は4台待機されていました。本州からの機動隊動員ですから、経費もばかになりません。沢山の税金投入を思うと腹が立ちます。

Dsc_0022

現地に来て知ったのは、ヘリパット基地が建設されているのは、ヤンバルノ森の貴重な生物の棲みかを無残に壊しているということと、県民の水がめであるダムの上に位置するとのことで現地の皆さん「命の水ガメを守ろう!」と立ち上がっておられました。

Dsc_0072

こんなところでの建設は許せない!と痛感させられました。

それにしても沖縄の日差しはきつい!日傘が欠かせません!

Af9943c696f34a532a8b09472ee4aec41

最後に、「今、なぜ、高江なのか?」1995年、米兵の少女暴行事件を契機に米軍は沖縄基地負担「軽減」をせざるを得ない状況になり、7800ヘクタールにも及ぶ米軍最大の北部訓練場を縮小すると。ところがその代案として、ヘリパッド6カ所を東村の高江地区周辺に造るということで、国は住民の反対を無視し2007年に着工。

846c3523edd41d6c1960e6811fa0ef261

そして、2014年までに完成した2カ所は15年2月に米軍に先行提供、残る4カ所については、平和団体などが進入口近くを封鎖して反対運動を続け、着工されていませんでしたが、この7月ヘリパッド建設を強行再開したのです。

2cd552a9857c9e31ac650704894340da1_2

すでに渡されている2か所にはオスプレイなどが離着陸を繰り返し、騒音で夜眠れず学校にいけない子どもたちも増えるなど深刻な被害も出ています。

なぜ沖縄県民が、被害を受け続けなければならないのか?!いてもたってもおられずの沖縄行になりました。

2016年11月11日 (金)

「武庫小校区のふれあいまつり」で綿菓子教室担当。大好評でした。

18094


12日は、「武庫小校区のふれあいまつり」。

まつりの最後は「ミニねぶた」の曳き歩き。幼稚園児は、運動場を、小学生は武庫が丘近辺を大きな掛け声をかけて曳き歩きました。

18053


子供達の顔が輝いていました。とても爽やかな一日でした。

18085


4基の「ミニねぶた」は全て手作り。スタッフ、ボランティア、参加者の皆様本当にお疲れさまでした。                   

18007


   

「ふれあいまつり」で、わたしは、綿菓子教室担当。子供達の横について、綿菓子を一緒に作りました。

18005


コツを教えると3才以上の子供たちは、実に上手 ❗「まるで、プロ級⁉」と思える子供たちも。朝、9時から午後2時過ぎまで、170人の子供たちに指導。「〇〇ちゃん頑張れ ❗」と応援する子供たち。「〇〇うまい ❗うまい」と顔をほころばせ、写真撮りする保護者。

18008



5時間以上のお昼抜きの綿菓子づくりでしたが、全く疲れを感じない素敵な時間でした。

18018


また、「ふれあいまつり」は内容が盛りだくさん!運動場では、ミニSLやターゲットゲーム、種々の模擬店、ステージでは、楽器演奏やクイズ、先生方のダンス等様々なイベントで盛り上がっていました。

18083

良いお天気に恵まれ、多くのスタッフの皆さんやボランテイアの皆さんのご尽力、そして何より多くの子どもたちや保護者の皆さんのご参加で、まつりは、大成功!!

17990


子どもたちや参加者の皆さんに笑顔に地域の絆の素晴らしさを感じたさわやかな一日でした。

林業現地視察

17863


兵庫県自治体問題研究会で、林業現地視察に。まずは、宍粟市役所庁舎5階から、全景を見ながら、里山防災林整備事業や「災害に強い森づくり」の説明、質疑応答。

17869



その後、「災害に強い森づくり整備地」の視察。昼食は、「よい温泉・朱鳥庵」で、珍しい鹿肉のランチ。

17884


塩焼き、串カツは中々美味!

昼食後、「搬出間伐事業地」視察に。グリーン興産の専務さん始め若い職人さん達が、とても親切に事業について説明していただき、その後、現場での作業見学。

17919



フォワーダコンテナ(写真の青色)にのせていただき、作業道を登る。

17941


降りて更に登ると作業現場。

17957

チェーンソーで切った桧をグラップルという機械で運び、適切な長さに切り、フォワーダで集積場まで運び、トラックで市場まで運搬するとのことである。

17968


どの作業も山の斜面での危険を伴う大変な作業❗
枝葉は、のり面に均等に敷き詰め、流水や雨から法面・路肩の保護に利用。洪水対策やコストの面からも一石二鳥。これは、現場を知る職人さんならではのアイデアとのことだった。

17962



1000メートル級の山の整備の見学で、作業のどれもが危険の伴う作業で、運搬作業路の開設・補修はそれ以上に並大抵ではないご苦労が実感できた。

17982


林業に感心を持ち、携わってくれている若い職人さんたちだが、補助金が減らされれば、若い職人さんたちが、離れていくのでは?!と危惧する厳しい現実も垣間見れた。

17978

来年度から、県立森林大学(2年生)もできるという朗報もお聞きしたので、若い林業者を育てるためにも必要な補助金は切らないで欲しいと同行の県の職員さんいもお願いをした。

2016年11月 5日 (土)

それぞれの文化・・・

17776


3日は、文化の日。午前中は、孫の通う中学校の文化祭に。

17783

合唱コンクールや展示を見学。中々の力作揃いでした。合唱のハーモニーも日頃の熱心な取り組みが伺えます                        

17814


5日は、武庫小学校の音楽会に。どの学年も素晴らしい演奏♪

17813

特に6年生の合奏「木星」5年生の「パイレーツ オブ カリビアン」は、感動で涙してしまいました。

17836


夜は、 友人5人が企画の「ご苦労さん会&カラオケ」に。美味しい食事の後、久しぶりのカラオケを楽しみました♪♪

2016年10月31日 (月)

17724


フラワータウン市民センターまつり、フラットフェスティバルを覗く。バザーや展示、舞台で賑わっている。

17714

フラワー市民の文化水準の高さに毎年、感動❗バザー出店の方々のご苦労に感謝❗

17733


竹内郵便局長の綿菓子作りが、あまりにお上手なのでコツを教えていただいた。これで、むこっこ祭りの綿菓子はばっちりでしょう❤

17735

フラットフェスティバルは、年々取り組みが大きくなっているように感じる。

17759


児童虐待防止のキャンペーンやフラットコーラスのハーモニーに思わず心から微笑みが。

高平の里での「はつ美会芋ほり」

17622_2


29日、はつみ会の芋掘りが、30人弱の参加で高平の里、前川たけひこさんの畑で行われました。

17644_2



ぐずついた天気でしたが、予定通り、芋掘り、柿とりをすませ、昼食(新米おにぎり、黒枝豆ごはん、豚汁、大学芋、黒枝豆など)。

17583


野外で食べるおにぎりも豚汁も最高 ❗おかわり!が相次ぎました。

17660_2



例年になかった、前川さんの手作り紙芝居「金色夜叉」に大盛り上がり ❗

17692


豪華景品つきのビンゴゲームでももりあがり、最後はみんなで合唱、お土産を分けて散会しました。

17667



時間のある人は、前川ギャラリーを拝見。
充実した温かい1日でした    

17707

2016年10月24日 (月)

「中田はつ美 感謝のつどい&音楽の夕べ」

Dsc_9420

23日、午後6時からの「中田はつ美 感謝のつどい&音楽の夕べ」は、約180名のご参加で盛会となりました。2016kannsyano.docxをダウンロード

一部は、5期19年を振り返っての私の挨拶&スライドショー、メッセージやフロア発言。

二部は、上松明代と仲間たちのフルート演奏&梶田勇の
🎷サックス演奏。

Dsc_9480_2

 


二部の演奏の素晴らしさ、一部のメッセージやフロア発言に皆さん感動されたようでした。

Dsc_9486

メッセージは、教え子(弁護士)、保護者、元市幹部職員、小児科医の方々からの心のこもったメッセージ。フロア発言は、市長選挙や高校新設を頑張った仲間や作業所所長、看護師、大学の教授等多方面の方々からのおことばに感無量となりました。

Dsc_9469

市民相談を記した大学ノートが40冊になり、皆さんのお顔が浮かんで涙、涙。現場主義に徹した議員生活に誇りを持てた一時でした。
19年間市会議員として頑張れたのも関わって頂いた皆さんのお陰❗心より感謝です。
最後に陰に日向に支えてくれた家族、特に夫に感謝です。ありがとうございました

2016年10月17日 (月)

のぞみ作業所運動会&城山での400メートルトラック協議

16863


「のぞみ作業所」の運動会に参加させて頂きました。

26日の収穫祭にも参加させていただきます。

メンバーやスタッフの皆さんにいつも元気を頂きます。

17542

「みんな違ってみんないい!」

16925


17日夕方は、現地で話し合い。「三田市に、現在400メートルトラックを有する陸上競技場がない。何とか、城山公園に400メートルトラック作れないか⁉数レーンでも。」と以前から要望していた件で、市民ランナーの方々と担当者と現地で話し合い。うまくいくと良いなと願いながら。

2016年10月14日 (金)

チャッピーサポートセンター開設

16802
 3日、妊娠・出産期から子どもの就学前まで親子を切れ目なく支援する「子育て世代包括支援センター(チャッピーサポートセンター)」を福祉保健センターに開設。そのオープニングセレモニーに参加。

これからは、妊娠から出産・育児に関する相談がワンストップでできるようになるそうです。気軽にご相談ください!電話は、079-559-6288(平日の午前9時から午後5時半までです。)